みりおんたいむず

日常を楽しみながら情報発信していきます!

MENU

アンザック・デー(Anzac Day)は平和に感謝するオーストラリアの祝日です

f:id:milliontimes499:20210426204101j:plain

今回の記事ではアンザック・デーについてご紹介したいと思います。

みなさんはアンザック・デーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

日本ではあまり知られていませんが、オーストラリアやニュージーランドなどの国々では特別な意味を持つ祝日です。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

アンザック・デーとは?

アンザック・デーは第一次大戦で命を落とした兵士たち(アンザック)を追悼する日。

アンザックとは、オーストラリア・ニュージーランド軍団(Australian and New Zealand Army Corps)の通称で、イギリス連邦の一員として第一次大戦に参加した志願兵です。

また、現在では第一次大戦に限らず、第二次大戦やその他の戦争・内紛・PKO活動などで命を落とした兵士たちの追悼も含まれ、毎年4月25日には各地で追悼の式典やパレードが行われています。

なぜ4月25日なのか?

1915年4月25日、アンザックの兵士たちはオスマン帝国(現在のトルコ)のガリポリ半島に上陸し、連合国軍の一員として本格的な軍事行動を開始しています(ガリポリの戦い)。

アンザックが戦争に参戦した4月25日がアンザック・デーの由来です。

ガリポリの戦いはオスマン帝国側の猛反撃により、連合国軍は敗戦。アンザックも1万人以上の尊い命が失われました。

しかしながら、現在でもアンザック精神はオーストラリアやニュージーランドの人々の誇りとなっています。

アンザック・デーの行事

アンザック・デーには各地で慰霊・鎮魂のイベントが行われます。ここでは主なものをご紹介します。

ドーンサービス(The Dawn Service)

各地にある戦争記念碑ではドーンサービスと呼ばれる記念式典が行なわれます。

日の出前のまだ暗い時間から始まり、さまざまな来賓の方々が平和に対する想いを熱く語り、参列者による国歌斉唱や黙とうが行われる、非常に厳粛な儀式です。

参加者は記念碑に花輪や花束を捧げることもできます。

red cliffe

red cliffe

パレード

各州の州都などの大きな街ではパレードが行われます。退役・現役軍人の方々が軍服を身にまとい街中を行進する姿は圧巻です。

アンザック・デーに主要都市に滞在する機会があれば、パレードを見学してみるのもおすすめです。

その他

アンザック・ビスケット

アンザック・ビスケットは、オートミールやココナッツが入った栄養満点のビスケット。戦地で戦う家族の安否を想いつつ、栄養たっぷりのビスケットを戦地へ送ったそうです。

4月25日に限らず、一年中スーパーで買うことができるオーストラリアでは定番のお菓子ですので、オーストラリアに訪れた際には味わってみることをお勧めします。

anzac biscuit

アンザック・デーと反日感情

実は、私がオーストラリアに駐在していた頃には、アンザック・デーに日本人は出歩かない方が身のためという風潮がありました。

第一次大戦ではアンザックの同盟国だった日本も、第二次大戦では敵対国でした。日本軍のシドニー港への攻撃や、北部の町・ダーウィンへの空爆はよく知られています。

また、私が駐在していた当時は南極海での捕鯨問題がかなり盛り上がっていたことも原因の一つではないかと考えます。

new farm park

<< 日本軍によるサンダカン死の行進の犠牲者を慰霊するモニュメント(ブリスベン) >>

しかしながら最近はあまりこの手の話も聞かなくなった印象です。

2015年にブリスベンで行われたアンザック100周年のパレードでは、アンザックをガリポリまで護衛した日本軍の功績をたたえる表現も一部に見られたようです。

まとめ

今回の記事ではオーストラリアやニュージーランドでは重要な祝日の1つ、アンザック・デーについてご紹介しました。

アンザック・デーの当日には各地でイベントが行われています。

もし機会があれば、ドーンサービスをはじめとする、各地の式典を見学してみるのも良い経験となるのではないでしょうか?